【キッチン菜園】手軽にはじめられるアボカドの水耕栽培

アボカドの種の水耕栽培

1年くらい前に、アボカドの種で水耕栽培をはじめたという記事を書きました。今回は、その後どうなっているかについてお伝えします。

目次

アボカドの種から根がでてきた

アボカドの種の水耕栽培

アボカドの種を使って水耕栽培をはじめてはみたものの、気が向いたときにだけ器を洗ったり水をかえたりしていました。

こまめにお世話していなかったせいか、根がでてきたのは2ヶ月後くらいです。それから上に向かって芽もでてきましたが、今では夫が手入れしています。

わざわざ庭にでなくても目につくからでしょうか、息子もたまに観察しています。

芽が伸びてきた

アボカドの種の水耕栽培

さらに半年ほどたつと、ここまで芽が伸びました。ひょろひょろと頼りなさげではありますが、いつのまにか大きくなっています。

この頃から「家の中にグリーンがあるのはいいな〜」と感じるようになってきました。

コップから大きな器へ

アボカドの種の水耕栽培

根が成長してあまりにも窮屈そうなので、大きな器に入れかえました。根が広がったように見えますが、成長のスピードでいうと、はっきりした違いはありません。

夫が2日ごとに水をかえています。

さいごに

これからどのようになっていくのかわかりませんが、室内用の観葉植物としておおいに楽しめます。最終目標が“アボカドの収穫”ではないので、気長に様子をみていこうと思います。

コップと爪楊枝、アボカドの種があれば手軽にはじめられる水耕栽培、おすすめです!

【キッチン菜園】まとめ

追伸:“iHerbおすすめ品”は人気記事なので、別のブログで更新中です。

iHerbおすすめ品は「おすすめマーケット」でも紹介しています。お気に入りや、リピートしているものを、どんどん更新しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる