Lifestyle Notes

パッションフルーツを育てる – たくさん収穫できるかな? –

2019年02月27日

パッションフルーツといえば、南国の果物というイメージでしょうか?

オーストラリアでも人気で、スーパーマーケットで売っていますし、デザートに使われることも多いです。

パッションフルーツの育て方

当たりはずれはありますが、おいしいものだと、甘酸っぱいゼリー状の黄色い果実と種のプチプチ感がたまりませんよね〜。

何個でも食べられます。

我が家では、ちょうど1年前の夏(2018年2月)からパッションフルーツを育てています。

まだ収穫できていませんが、ぐんぐん成長している様子と育て方のヒントをお伝えしようと思います。

パッションフルーツを育てることにしたきっかけ

きっかけは、息子がプレップだった頃にお世話になったティーチャーエイドのMiss Rです。

自宅の庭で収穫したパッションフルーツを、クラスの生徒たちに食べさせてくれたことがありました。

それがとてもおいしかったらしく、息子が「また食べたい〜」と繰り返していました。

スーパーマーケットで買うと、けっこな値段がしますよね。1個あたり1.50ドルとか。

結局、5個入りの袋を買ってみましたが、一口食べて「なんか、違う……」と。

買ったものは、よく見かける外側が紫色のパッションフルーツです。

Miss Rがくれたパッションフルーツは黄色かったそうです。

その話をMiss Rにしたら、「食べきれないほど収穫できるから、またあげるわね」と、後日、10個くらい持たせてくれました。

それが、本当においしくって!

こんなにおいしいパッションフルーツが毎日たくさん食べられるなら、そして、Miss Rが話してくれたパッションフルーツの育て方に興味を持った息子の体験のために「それなら、うちでも育てよう!」ということになりました。

パッションフルーツは成長が早い?

Miss Rは「ぐんぐん育つから、本当に、食べきれないほどできるのよ」と言っていました。

庭仕事といえばの「Bunnings」で、さっそく苗木を2本買ってきました。

いろいろな人にその話をしたら、みんなに驚かれました。

「すっごく成長するから、1本でよかったのに……」ということでした。

2本が育った結果、どれだけ収穫できるのか想像もつきませんが、周りにパッションフルーツを育てている人がけっこういたことにわたしは驚きました。

ある友だちは「成長しすぎて、隣の家にまで広がっていったから、やめた」そうな。

パッションフルーツの育て方

それほど成長が早いパッションフルーツですが、我が家の2本の苗木は1年間でここまで成長しました。

Miss Rにも教えてもらったのですが、植えた直後から塀にネットをはわせてあります。

そこにからみつくようにして成長しています。

「緑のカーテン」みたいですね〜。

花が咲き、実ができた!

先日、庭の手入れをしている夫から「花が咲いたよ!」と報告がありました(笑)。

パッションフルーツを育てる

息子も喜んでかけつけて観察しました。

時計の文字盤のような花で、かわいらしい。

パッションフルーツの育て方

小さな実もできていました。

パッションフルーツを育てるときのヒント

基本的には1日1回の水やりしかしていません。

肥料なども与えていません。

午後2〜3時の花が咲く頃、夫が手で花粉をつけてまわり、受粉させているそうです。

パッションフルーツを育てる

違う花からとってきた花粉(指でつまんでいる雄しべ)を雌しべに、ちょこんちょこんとつけていきます。

こうしたほうが確実に受粉するそうです。

パッションフルーツを育てる

それから、害虫対策もしていません。

写真のピンクの枠内の黒い点々ですが、「蜜腺」というらしく、ここにアリが集まってきます。

自分から蜜をだしてアリを寄せつけ、アリを嫌う敵(害虫)がこないように身を守っているんですね〜。

さいごに

食べてそのおいしさを知ったら、次は育ててみる。

それがどんな過程をたどっているのか……。毎日でなくても、自分たちが植えた植物を気にしながら生活してみる。

そこから見えてくること、知ること、感じることはたくさんあるはずです。

何がきっかけになるかわかりませんが、日々の生活の中で、息子の興味の芽が育てばいいなと思っています。





POPULAR POSTS
  • 【簡単レシピ】Anovaでつくる温泉卵、20分と30分でとろとろ加減が違う!
  • 【簡単レシピ】Anovaでつくる極上やわらかステーキ
  • 【簡単レシピ】Anovaでつくる極上サーモン料理(レモン&ディル風味)
  • 【簡単レシピ】Anovaでつくる鶏ハムは驚くほどしっとり&パサつきなし
  • 【簡単レシピ】プルドポークの作り方と冷凍方法
  • 【iHerbおすすめ】毛穴のつまりや鼻まわりのざらつき対策に手放せない化粧水
  • 【iHerbおすすめ】かかとのガサガサやひび割れがつるつるに! O'Keeff's for Healthy Feet・フットクリーム
  • 【iHerbおすすめ】日焼け後のケアにはこれ! 冷蔵庫に常備しているアロエジェル
  • 40代のシンプル・スキンケア – クレンジングをやめた –
  • 【簡単レシピ】紫玉ねぎで酢玉ねぎ