ラベンダーを挿し木で増やす方法 – 思いきって剪定しよう –

ラベンダーの挿し木方法

ラベンダー畑って素敵ですよね〜。可憐な花が咲きみだれ、紫の絨毯が広がる風景にはうっとりします。

香りも大好きな植物です。我が家にも植えてあり、少しづつですが増やしています。

ラベンダーの挿し木方法

そろそろ手入れが必要だったので、剪定して挿し木をしました。

今回はラベンダーを挿し木で増やす方法の紹介です。

挿し木とは?

植物を繁殖させる方法の一つです。庭先の植物やハーブを「もっと増やしたいな〜」と思ったことありませんか?

種から育てるのではなく、新しく苗を購入するのでもない、手軽な方法です。

まずは思いきって剪定しよう

ラベンダーの挿し木方法

しばらくほうっておいたら、こんな状態になってしまいました。もっと早い段階で手入れするほうがよさそうです。

生き生きしている植物にハサミをいれるのって、ちょっと……。と、ためらいますが、ここは思いきって剪定します。

ラベンダーの挿し木方法

先から20〜30センチをざくざく切っていきます。

ラベンダーの挿し木方法

枯れてしまっている枝は根元からカットし、挿し木に使えそうな元気のいいところを選り分けておきます。

挿し木用に整える

カットした20〜30センチの枝の先端10センチぐらいまで葉を残し、そこから下の葉は指でしごいて落とします。

ラベンダーの挿し木方法

作業中、指先にラベンダーのさわやかな香りがうつって、いい気分。

ほっとします。

枝の切り口は水に浸しておいてくださいね。

ラベンダーの挿し木に必要なものは?

ラベンダーの挿し木方法

こちらが我が家の挿し木方法です。

鉢になるものと砂があれば大丈夫です。今回は、マッシュルーム(500g)が入っていたコンテイナーを洗って使いました。

ラベンダーの挿し木方法

適当に隙間をつくりながら指や枝で穴をあけ、そこへ挿し木用の枝を植えていきます。

直射日光のあたらない場所に置き、砂が乾燥してきたら水をやります。

最後に

すべての挿し木が成功するわけではないので、根がついたらラッキーだと思いましょう。残念ですが、枯れてしまうものもあります。

今回はマッシュルーム容器3個分をつくりました。

さて、どれだけ根がつくか楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる