【オーストラリアの小学校】今年も、母の日のプレゼント選び

母の日のプレゼント

息子が通う小学校では、母の日のプレゼントを子どもたちが選んで買える機会がもうけられています。

目次

キャッシュレスで簡単にお買い物

今年も、前もって保護者がバウチャーを購入しました(5ドルごとに、好きなだけ)。当日、金額を記載したバウチャーを担任の先生が子どもたちに渡してくれるので、その分で買えるものを選ぶシステムです。

どんなものを選んでくるか?

これまでは、毎年マグカップをプレゼントしてくれていました。

わたしは一日中なにかしらを飲んでいるので、マグカップが手放せません。お水でもお茶でもコーヒーでも、とにかくまめにマグカップを使い、洗うので、よく割るんですよね。でも、昨年もらったプレゼントはまだ大丈夫です。

「マグカップはまだ使えるから、今年は好きなものを選んできて〜」と息子に伝えておきました。

すると、ショッピングリストを選んでくれました。冷蔵庫に買い物用のメモ帳を貼りつけて書き込んでいるのですが、それを見ていたからだそうです。実用的で嬉しい!

それから小さな缶。「宝石を入れておいたらどうかと思って」とのことでした。宝石は身につけませんが(笑)、どこからの発想なのだろう。意外な選択でした。

「うわぁ〜、お母さんが好きなデザインや〜」と喜んでいたら「模様がそれしかなかったの」と一言。こんなやりとりも含めて、毎年、ほのぼのする瞬間です。

さいごに

食事の用意をしたり掃除をしたり、いつもと変わらない日曜日を過ごしました。穏やかな生活こそが尊いな〜と思います。

日本で暮らすお母さんたちにも感謝を伝えました。おいしいものを食べて、喜んで、元気でいてほしいです。

下記、補足です。“iHerbおすすめ品”は人気記事なので、別のブログで更新中です。

iHerbおすすめ品は「おすすめマーケット」でも紹介しています。お気に入りや、リピートしているものを、どんどん更新しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる