Lifestyle Notes

アートセンターでロボット・ヘルメットづくり

2018年01月17日

オーストラリアではスクールホリデーも終盤にさしかかりました。

長い夏休み中、ゴールドコーストでは無料のものから有料のものまで、ワークショップやイベントがたくさん開催されています。

スクルールホリデー中はワークショップに参加しよう

ロボットヘルメット作り

今日は息子を連れて、友だちと一緒にゴールドコースト・アートセンターへでかけてきました。

11時から子ども向けのショートフィルム(DISNEY PIXAR SHORT FILMS COLLECTION)が無料で上映されていました。

1時間ほど映画鑑賞を楽しんだあと、The Art Labにて「ARTLAB Robot Helmets Workshop」に参加しました。

ARTLAB Robot Helmets Workshop

ロボットヘルメット作り

予約はしていませんでしたが、当日でも5ドルのチケット(子ども料金のみ必要)が買えました。

ワークショップの内容はリサイクルの材料を使ってロボット・ヘルメットをつくるというものです。

ロボットヘルメット作り

はじめてアートラボに入りましたが、アート製作に必要な道具類がそろっていましたよ。

女性スタッフがいて、作業を手伝ってくれたり「どう? 大丈夫?」と親切に声をかけてくれたりします。

リサイクルがテーマ

ロボットヘルメット作り

リサイクルのマテリアルを利用するということで、使ったあとのクリスマス・クラッカーやリボン類、段ボール箱、デコレーション類、プラスチックのボトル類などがたくさんありました。

さいごに

親子で協力して完成させました!

ロボットヘルメット作り

1時間ほどのワークショップですが、大作ぞろいでした。

子どもたちのアイデアは斬新で、感心しきりでした。

対象年齢が「3 years to 103 years!」とありましたが、大人も夢中で手を動かしていい時間を過ごしました。





POPULAR POSTS
  • anovaでつくる温泉卵
  • anovaでつくる極上ビーフステーキ
  • O'Keeffe'sのフットクリーム
  • プルドポークの作り方
  • NowFoodsソリューションズのリップバーム
  • アイハーブおすすめのアゼリックのプレストパウダー
  • anovaでサーモン料理を調理する
  • プルドポークハンバーガー
  • ドラム式洗濯機のパッキンの交換方法
  • セイヤーズのアロエベラ入りローズペタルウィッチヘーゼルトナー