Lifestyle Notes

【キッチン菜園】栄養たっぷり! スプラウトを育てる方法 – アルファルファと発芽ひよこ豆 –

2020年06月13日

キッチン菜園シリーズ、今回はアルファルファと発芽ひよこ豆の育て方について。

関連記事

発芽豆とアルファルファの育て方

アルファルファはサラダやサンドイッチの具材に便利ですし、発芽ひよこ豆は、火が通ったものよりも歯ごたえがよく、断然、味が濃いのでおすすめです。

まずは種を浸水する

発芽豆とアルファルファの育て方

アルファルファやひよこ豆に限らず、キッチン菜園で発芽させるものはすべて、種を浸水してから育てると成長が早いです。

水につけておく時間は一晩が目安です。水をかえる必要はありません。

アルファルファの育て方

発芽豆とアルファルファの育て方

キッチン菜園用に購入したキットの一段に、アルファルファの種、大さじ1くらいを使います。

1日に3〜5回、水をやります。

水筒などを使って、さぁ〜と上からまんべんなくかけていきます。

発芽豆とアルファルファの育て方

緑色のトレイにたまった水は、捨てます。

発芽豆とアルファルファの育て方

アルファルファは、3〜4日で食べられます。

「もっと成長するかな〜」と思って5日以上おいたら、根元のほうが茶色くなってしまいました。

痛むともったいないので、上の写真くらいを目安に収穫してください。

食べる前にはさっと水洗いします。

ひよこ豆の発芽方法

発芽豆とアルファルファの育て方

この発芽豆は、スーパーマーケットで買ってきました。

Aussie Sproutsから発売中の「Crunchy Combo」です。

豆類のブレンドは季節によって変わるそうですが、ひよこ豆、緑豆、あずき、レンズ豆などがミックスされています。

発芽豆とアルファルファの育て方

このミックスがキッチン菜園でできたらいいなと思い、まずはひよこ豆を発芽させてみました。

これは3日おいたものですが、買ってきたものと比べると根が長いですよね。

実際には、翌日から根がではじめたので、1〜2日を目安に収穫するといいと思います。

発芽ひよこ豆はさっと水で洗って、すぐに食べられますが、塩を入れたお湯に5分くらいつけておくと、豆の生臭さがとれて、程よい塩味もついて、いい感じになります。

茹でたり火を通したひよこ豆とは全然違う味わいと歯ごたえが楽しめますよ。

さいごに

スプラウトを育てるときのポイントは、まず、種を一晩水につけておくこと。

それから、日々の水やりは1日3〜5回。

育ちすぎないように、「そろそろ食べられるかな〜」と思ったら、いさぎよく収穫すること。

スプラウト用のキットや種を最初に購入しますが(初期投資)、続けていくことで、スーパーマーケットで買うよりも安くなると思います。



POPULAR POSTS
  • アイハーブおすすめビタミンC化粧水
  • ドラム式洗濯機のパッキンの交換方法
  • anovaでつくる温泉卵
  • anovaでつくる鶏ハムは驚くほどしっとり
  • anovaでつくる極上ビーフステーキ
  • セイヤーズのアロエベラ入りローズペタルウィッチヘーゼルトナー
  • 家庭用精米機