Lifestyle Notes

【キッチン菜園】栄養たっぷり! スプラウトを育てる方法 – 豆苗とカイワレ大根 –

2020年06月26日

ステイホーム期間中、オーストラリアでも種や苗がよく売れていたようですが、日本でも家庭菜園やキッチン菜園が盛んになってきたとニュースでききました。

我が家でも、毎日、新鮮な野菜が台所で育っています。

今回は、以前に紹介したスプラウト用のキットとは別の形状のものを使って、日本人に馴染みのある豆苗とカイワレ大根の育て方をまとめています。

関連記事

成長の様子がおもしろかったので、観察記録の写真を撮りすぎました(笑)。3回にわけて紹介したいと思います。

種とトレイを準備しよう

豆苗とカイワレ大根を育てる

豆苗やカイワレ大根にはトレイのほうが育てやすいです。今回も「Bunnings Warehouse」でキットを買いました。

Mr Fothergill’s Microgreens Growing Tray」というもので、9.98ドルです。

豆苗の種は「Mr Fothergills Sprouts Alive Snow Pea Seeds」が4.75ドルです。

カイワレ大根の種は「Seedmart Australia」で、「Daikon Radish Sprouting Seeds」を100g、6.99ドルで買いました。

1日目 – まずは種を浸水する –

豆苗とカイワレ大根を育てる

種は一晩を目安に、浸水してから育てると成長が早いです。

両方とも、大さじ1の量です。

水をかえる必要はありません。

2日目 – 種をトレイにまいてアルミホイルで覆う –

豆苗とカイワレ大根を育てる

向かって左側が豆苗、右側がカイワレ大根の種です。

キットの説明に、根がでてくるまではアルミホイルで覆っておくようにと書いてありました。

豆苗とカイワレ大根を育てる

軽く水をかけてから、この様にカバーしておきます。乾燥をふせぐためです。

霧吹きは面倒なので、水道の水をゆっくりとかけています。

3日目 – 根がでてきた! –

豆苗とカイワレ大根を育てる

翌日、アルミホイルをとってみると……、根がでています!

1日で変化があるなんて、嬉しくなります。

豆苗とカイワレ大根を育てる

トレイを横から見てみると、下にも根がでているのがわかります。

たまっている水は、朝晩2回を目安にかえるといいです。

4日目 – 芽もでてきた! –

豆苗とカイワレ大根を育てる

次の日には、さらに芽ものびてきました。

6月のゴールドコースト、日中の気温が10〜20度と冬なので、ぐんぐんというわけにはいきませんが、日々確実に育っています。

豆苗とカイワレ大根を育てる

根も、こんなに。

しっかりと水につかっているので、もう乾燥の心配はありません。ここまで成長したら、アルミホイルは、もういりません。

これから食べ頃まで、観察記録は続きます。



POPULAR POSTS
  • NowFoodsソリューションズのリップバーム
  • アイハーブおすすめビタミンC化粧水
  • ドラム式洗濯機のパッキンの交換方法
  • anovaでつくる温泉卵
  • anovaでつくる極上ビーフステーキ
  • セイヤーズのアロエベラ入りローズペタルウィッチヘーゼルトナー
  • 豆苗とカイワレ大根を育てる