Lifestyle Notes

【簡単レシピ】Anovaでつくるジューシーなガーリックチキン・レモン&ローズマリー風味

2020年06月02日

鶏胸肉は天ぷらにしたりフライにしたりして、できるだけジューシーにいただきたい。

でも、油で揚げたくない日もありますよね。

今回は、淡白な鶏胸肉にハーブがしっかり香って満足感たっぷりに仕上げるレシピの紹介です。

anovaでつくるジューシー鶏胸肉

胸肉をパサパサにしない方法としては、低温調理器具のAnovaはやっぱり強いと思います。

関連記事

鶏胸肉をしっとりジューシーに低温調理する前のポイント

anovaでつくるジューシー鶏胸肉

材料は、鶏胸肉、水、塩、砂糖、にんにく、黒こしょう、ローズマリー、レモン、オリーブオイルです。

anovaでつくるジューシー鶏胸肉

水、塩、砂糖を煮立てて冷ましたソミュール液に、1時間でもいいので鶏胸肉をつけおきしておくと、弾力のあるプルンとした歯ごたえが楽しめます。

できれば2〜3時間、冷蔵庫に入れておくといいです。

anovaでつくるジューシー鶏胸肉

にんにくをたっぷり使います。3かけをすりおろすとこのくらいの量になります。

ここに塩(小さじ1/2)を加えてペーストにします。

anovaでつくるジューシー鶏胸肉

ソミュール液からとりだした鶏胸肉をさっと水で洗い、水気をきります。そこに、にんにくペーストを揉み込み、黒こしょうをがりがりっとひきます。

鶏胸肉を低温調理するときの設定温度と時間

anovaでつくるジューシー鶏胸肉

鶏胸肉、ローズマリー、スライスしたレモン、オリーブオイルをシリコン製の袋に入れ、できるだけ空気をぬきます。

anovaでつくるジューシー鶏胸肉

今回は、「Sous Vide Basics」というガイド(Anova本体と一緒に送られてきた)にある「Chicken Breast(50mm)63.5℃」に従って63.5度、時間は1時間30分に設定しました。

たまに、61.5度で2時間にするときもありますが、こちらでも問題ありません。

関連記事

60度で2時間のときも大丈夫でした。

関連記事

仕上げにひと手間

anovaでつくるジューシー鶏胸肉

Anovaで低温調理したあとのひと手間として、熱々のスキレットで表面に軽く焦げ色をつけると、仕上がりに差がでます。

もたもたしていると中まで火が通ってしまうので、目で確認しながらじゅっじゅっとして、色がついたら完成です。

鶏胸肉の水気をキッチンペーパーでしっかり拭き取っておくと、すぐに色がつきますよ。

さいごに

低温調理器具があれば、鶏胸肉の可能性がとても広がります。

食べごたえが十分あって、にんにくやローズマリー、レモンの香りが食欲をそそる一皿です。

飽きのこないシンプルな味わいです。

Anovaでつくるジューシーなガーリックチキン・レモン&ローズマリー風味
材料
  • 鶏の胸肉……800g
    • 水……500ml
    • 塩……大さじ2
    • 砂糖……大さじ1
    • にんにく……3かけ(すりおろす)
    • 塩……小さじ1/2
    • 黒こしょう……適量
    • ローズマリー……2本(10〜15cm)
    • レモン……3〜5枚(スライス)
    • オリーブオイル……適量
作り方
  1. 鶏の胸肉にスジや脂身があれば取り除く。
  2. Aを火にかけ煮立て、ソミュール液をつくる。
  3. 1と冷めた2を密封できる袋やボウルに入れて冷蔵庫で1時間(できれば2〜3時間)おく。
  4. 3を軽く洗い流し水気をきり、Bを混ぜてペーストにしたものを揉み込み、黒こしょうをがりがりっとひく。
  5. 4の鶏胸肉、ローズマリー、スライスしたレモン、オリーブオイルをシリコン製の袋に入れ、できるだけ空気をぬく。
  6. Anovaで温度(63.5度)と時間(1時間30分)を設定して、低温真空調理をはじめる。
  7. 低温調理後の鶏胸肉の水気をキッチンペーパーでしっかり拭き取る。
  8. スキレットで表面をじゅうっじゅうっと焼き、焦げ色をつける。
メモ
  • Anova専用のシリコン製の袋を使用しています。



POPULAR POSTS
  • アイハーブおすすめビタミンC化粧水
  • ドラム式洗濯機のパッキンの交換方法
  • anovaでつくる温泉卵
  • 紫蘇ジュースの作り方
  • セイヤーズのアロエベラ入りローズペタルウィッチヘーゼルトナー
  • anovaでつくる極上ビーフステーキ
  • NowFoodsソリューションズのリップバーム